【心】の許容範囲

b0086931_1514864.jpg

b0086931_1514854.jpg

b0086931_15148100.jpg

b0086931_1514843.jpg

b0086931_1514832.jpg

b0086931_1514865.jpg

猛暑の中、セイウチは到って元気いっぱいでチャリにて21世紀公園を5周しては、





セイウチ:『お母さん、おなかどうぞ♪』と言いつつ力士のように突きだしては、





痩せたかどうだかチェックさせるやからである。





夏休みには、後2キロは痩せて同級生らに自慢したい様子。





『だったら、おかわりを止めなさい!』とおばあからダメ出しされ、





べそをかいてましたが。





その5周のチャリ待ちの間、おいらは日記をまとめ書きしたり、草花を愛でる。




まだ、むせかえるようなグランドからの暑さや草の香り、花達を見てキレイと思う





気持ちが残っていたのが不思議であった。





毎日追われるように過ごしており、疲れすぎてなかなか思うように寝付けず、





気持ちに余裕のよの字もない毎日なのに、





公園の花達を見て、【キレイ】と思える自分自身が、不思議であった。





帰りには、少しデカメな車が欲しかったので見に行ったら、





散々セイウチは、『黄色い車がいい!』とのたまっていたくせに、





おいらが目を付けていた車を見せたら、





セイウチ:『青い車がいい♪』と男に二言三言のやからは、





すっかり気に入ってしまっていた。





年式はかなり古いが、走行距離はおいらのよりも少なく、荷物がかなり入りそう。





ただ、おばあが乗るときには踏み台が必要かもしれんな。





要検討中であります。





セイウチは、今、家に着いたらさっさと布団を敷いて、おばあの隣でお昼寝中。




若干、暑苦しい感じがするのであった。
[PR]

by northtravel | 2010-08-15 15:01