障がいという《個性》溢れる子の親として、、、

b0086931_212522.jpg


久しぶりの投稿です。


最近、facebookなるものをしていて、こっちがおろそかになっていた。


ちまたで、とある医師が障害児を産む親は食生活が原因だとか、


まるで、親を責めるような投稿が炎上している模様。


呆れると同時怒りも通り越して笑ってしまいました。


障害児を授かったのは、選ばれたから‼️


私は、この世でどんなに偉い先生や博士や福祉関係者がいても、


障害児を授かった母親が一番偉いと思ってる。


どエライ先生や博士なんかは、24時間365日子供といっしょにいれるのか?


恐らくは、1日ももたないでしょう。


個性を授かった子供も偉いが、母ちゃんはもっと偉いんだ‼︎


だから、胸を張って堂々としていよう!


そして、堂々と子どもを社会に送り出してやろう!



さあ、これから私たち母親の時代だ☆


より、輝いていきまっしょう!
[PR]

by northtravel | 2015-06-16 21:34 | 障害児・福祉の話