夏休み近況報告その1

b0086931_1135792.jpg

b0086931_1135753.jpg

b0086931_1135719.jpg

b0086931_113571.jpg

毎日バタバタし過ぎて、1日1日が駆け足の如く早い。





おいらは8月1日からの事業や新規事業の件で、





動き始めています。





子供らの支援はスタッフに任せ、経営に奮闘中。





子供らは、名護警察署のお巡りさんから、





防犯教室を通して、良いことと悪いことを学び、





今日は羽地中学校の上等プールでひと泳ぎ、





もちろん夏休みの宿題の時間もたっぷり取ってある。




明日は、新しく拠点となる事業所のお掃除したり、





誕生会もあり、楽しく過ごしている。





そして、セイウチと会長その2たちと一緒に、





明日は名護市民会館で、『長靴をはいた猫』の人形劇を





見に行く予定です。





まあ、自分自身の中ではまだ色々葛藤もありますが、




最近、少ししんどいかも。




泣きたくなったり、何でもないことに勝手に傷ついたり、





悩んだり、落ち込んだりしてなかなか寝付けない。





気が立っているのか、疲れすぎか、疲れていないか。





何だか、ゆっくり休みたいけどそうもいかないし。





様々な面で、対応の出来る強さが欲しいな。





仕事ややんばるの福祉に対する思いは強いが、





いかんせん、プライベートが落ち着かない。





今、非常に一人になりたい気分ではある。





セイウチはいいのだが、おじいと上手くいかない。





どうなるのかな?





今までは、おじいとおいらとの間におばあがいた。





だから保っていられたが、今はセイウチがいる。





いてくれるだけでありがたいではあるが、





セイウチがいないと、おじいと全く会話が無いので、




非常に困る。





宮城県に行くように進めているが、





正直、早く行ってもらいたい。





精神的に不安で不満でいっぱい。





なんでかな?





おばあが亡くなって3ヶ月が過ぎたが、





だんだんとおじいとの関わりがしんどくなってきたか。





そろそろ潮時かな。





親不孝なんだけど、しばし離れて暮らしたい。





こんなこと書いたらいけないんだろうが、





日記だから仕方がない。





これが本心か。





器が小さいのか、ひねくれてるのか。





もう、おばあの死だけで、看取りは沢山だ。





もう、あんな思いは出来ないし、したくないのかな。




これを、おじいのケアマネに伝えた。





そしたら、





ケアマネ:『これはもう、先に航空券買っちゃいますか?』





だそうで、なかなかナイスなアイデアである。





すみません。





今回の更新はぐちぐちでした。





また頑張りますね。
[PR]

by northtravel | 2011-07-28 01:13

セイウチの【主婦道】人生☆

土日くらいは、





『ダアーっ!』としたいが、





飯を作るのは、おいらしかいないしな。。





と、家事放棄で逮捕されるかもしれないいっく。





しかしながら、最近の【我が家の家事事情】は、





かなり変わってきた。





土曜日の朝になると、台所から『トントン』と、





かすかに、味噌汁の香りが漂ってくる。





ボケボケの目を凝らして、よーく見ると、





何やらかなりデカイ人がお台所に立っている。





そう。セイウチは朝から味噌汁を作り(本日は青菜としめじ)、





ほんのり甘口の卵焼きと、ゴーカイジャーウィンナー、





以上のラインナップでお送りしていました☆





しかも、ご飯はキチンと昨夜計って洗ってセット!





そりゃもお、完璧っすよ。




食料品の買い出しすりゃ、




きっちり不足分を紙に書いて持っていく徹底ぶり。





セイウチ:『お母さん!味噌無いよ!』





と言い、いつものブランド持ってくるし、





洗濯もしているので、洗剤や柔軟剤もカートにイン!




しまいには、スキップで洗い物やっていたら、





台所洗剤が切れていたらしく、これまたカートにインし、






セイウチ:『スキップの洗剤♪』





あんたは、立派なカリスマ主婦っすよ!





何だか、おばあが乗り移ったかのような、





急にやりだしました。





おじいがやろうとすると、




セイウチ:『僕がやりまっす!』





と言って電機釜をかかえながら、おじいをぶっ飛ばす勢い!





嬉しくもあり、たくましくもあり、不思議でもある。




だから、おいらはどんどんオッサン化が進み、





女力が退化していくのかもしれない。。。
[PR]

by northtravel | 2011-07-24 13:41

いよいよ【夏休み】突入!

b0086931_2141675.jpg

何だか、毎日充実し過ぎて空回りしてる感じかな。





ブログ更新しなきゃと思いつつ、ケータイ握りしめ





あえなく爆睡。





気力を上回る体力が付いていきましぇん!





新規事業前に、さらに追い討ちをかけるべく、





新たなる新規事業が8月1日からスタートするため、





何だかんだと設計士さんや業者さんやらと打ち合わせ。





今日から夏休みだと言うのに、子供らとはあまり関われず、





消化不良気味だが、いざ仕方ない。





新規事業は、お金も時間もかかるし、悩みながらだが、





何だか、仕事してるみたいで楽しいではある♪





経理や会長その2からは、経営不安の声が聞こえるが、





おいらは、一向に不安感はない。





うちのスタッフが支援する子供らは、本当に幸せだと思う。





こんなに思われて、子供らのことで悩みながらも、





日々支援する姿を見ると、




『スキップの子供らは幸せだよなあ。』(自画自賛)





思うのである。





あるいは、究極の鈍感かいずれかだな。





そんな不摂生な毎日のお楽しみは、スカパープレゼンツの





【北斗の拳】である。





昔は、『なんで指一本で人が吹っ飛ぶのか?』不思議であったが、





大人になってから改めて見ると、





またそれぞれにとんでもない宿命を背負い、





その悲しい宿命を真っ向から受け入れ、正義を貫く様は、





超カッチョエエ♪





おいら、ケンシロウのことを、昔はただのオッサンだと思ったが、





推定年齢がおいらのほうが遥かに上回ってしまったおかげで、





いっく:『こんな男子、どっかにころがってないかしらん♪』





とか勝手に妄想族になっちまったり。





象よりデカイ馬に乗った悪の化身のような【ラオウ】が、





お兄様だったり、ありえんシチュエーションで、





内心爆笑でもあるが、セイウチは真剣そのもの。





いっく:『腹筋するなら、ケンシロウみたいに、





逆三角形の体におなりなさい!』





そう言い続けている。





成せばなる!





成さねばならぬ何事も!





いっちょ、がんばりやっす☆
[PR]

by northtravel | 2011-07-21 21:04

【言霊】のチカラ☆

b0086931_20133510.jpg

b0086931_20133582.jpg

b0086931_20133515.jpg

b0086931_20133544.jpg

先日の土曜に、第二回ちゃんぷるーフェアがあり、





スキップの子供たちもステージ出演があり、





がんばって、手話の歌や踊りなどご披露した♪





そんな中でも、スキップでは大きな課題がある。





それは、最近のお子様方の世界での【言葉づかい】である。





『サイテー』『死なす』『大嫌い』などなど、





聞きたくないのオンパレードである。





なので、言葉には【言霊ことだま】と言って、





すごいチカラがあるんだよと教えている。





だから、辛いときや悲しいとき、嫌なときには、





【ありがとう】と言う。





そうすると、気持ちが落ち着いてくるよと。





昨日ちょうど我が家でとある事件があったので、





早速実験してみた。





セイウチがいつものように夕食後に、お皿を洗っていたら、





手がすべってしまい、『ガシャーン』と、





一枚割ってしまった。





すかさず、おいらはまずはケガが無いように、





いっく:『大丈夫!大丈夫!ケガが無かったからね♪』





と言いながら、お皿を片付けてから、





ついでにおじいがまだ飯を食っていたが、かまわず





掃除機をかけ始めた。





それから、オロオロパニック寸前のセイウチに、





いっく:『ありがとうね。お皿を片付けてお掃除したら、





キレイになったよ!ありがとう☆』





そう言ってみた。





すると、セイウチは『ごめんなさい』と言って、





お皿洗いにスムーズに戻ることが出来た。





今度はスキップの子供らにも実践してからに、





素直に『ありがとう』や『ごめんなさい』が言えるように、





そして、あったかい【おひさまことば】が言えるように、





おいら自身もがんばりたいです!
[PR]

by northtravel | 2011-07-11 20:13

おいらの【介護感】の相違について

b0086931_014120.jpg

b0086931_014273.jpg

b0086931_014229.jpg

日曜日には、毎度近所にある出来立ての公園で、





セイウチは、チャリで十周し、その間おいらはストレッチ。





後、どれくらいこういう時間があるのか考える。





いまだにおばあの死を引きずっているのか、





素直に物事がなかなか見られない気がする。





母の日のグッズを見れば、おばあを思い出し、





今度の8月3日で百か日、14日には初盆である。





先日、おじいが体調不良になり、





また介護の日々があるわけないのに、不安が自分を襲った。





もう、おじいまでは無理だと心が叫んでいた。





情けないやら、根性もないやらで、四面楚歌状態。





自分はこんなにも薄情だったのかと思う。





だけど、やはりまだ気持ちに余裕がないのか、





周りの人たちが自分よりも幸せに見える。





でもふと振り替えると、側にはセイウチがいる。





やっぱり幸せなんだろうな。





だけど、日々寂しさもよみがえる。





こんなにも大きな喪失感を味わったことはない。





いまだに信じられないのではあるが、





まだおじいまでの余裕はないな。





親不孝だろうが、出来ないものは出来ない。





この、かなりの矛盾は一体何だろうか。





卵が先か、鶏が先かではないが、日々思い悩む。





疲れてんのかな?
[PR]

by northtravel | 2011-07-05 00:01